ゆーじろーブログ

日常に役立つ様々な情報を発信しています。

口臭が気になる・・・口臭と糖尿病の深い関係とは

 

皆さんこんにちは。

 

こんかいは切っても切れない口臭に関しての記事になります。

f:id:Yujiro8FBBK:20181024174528p:plain

タイトルにもあるように、

実は口臭と糖尿病は深いかかわりがあるといわれているのです。

 

 

口臭と糖尿病の深い関係とは?

口臭というのは、何か病気にかかっているということを示す、

一種のバロメーターでもありますから、口臭を気にするということは病気の早期発見にもつながるのです。

 

口臭で発見できる病気の一つとして糖尿病があげられるのですが、

糖尿病というのはこの病気にかかってしまうと体の中に「ケトン体」と呼ばれるものができ始めます。

 

糖尿病にかかって「インスリン」や「ブドウ糖」といった成分が体内で不足してしまうと、エネルギーを作るために体の中では脂肪を燃焼させるという働きがあります。

 

この脂肪燃焼の際にケトン体は生まれてしまうのです。

 

ケトン体は吐く息の中に交じり、これが糖尿病にかかっている人特有の口臭ということになります。

 

糖尿病の際の口臭はどのような香りがするのかというと、何とも言えない甘酸っぱいような匂いがしてきますから、甘い口臭がしてきたら糖尿病を疑った方がいいといわれています。

 

 

yujiro8fbk.hatenablog.com

 

 

病気にかかっているかもしれないことを示している口臭は糖尿病以外にもいろいろあるとは思いますが、病気が原因で口臭が発生しているという場合には、もし糖尿病だったら、糖尿病の治療をすれば、口臭を予防したり改善することが可能です。

 

まあそれでも糖尿病の治療はかなり厳しいものになってしまうとは思いますが・・・

f:id:Yujiro8FBBK:20181018032713j:plain

最後に・・・。

それを防ぐためにも日ごろからの健康診断が大事になってくるのです。

多少出費は痛くはなってしまうとは思いますが、

病気になってしまって病院にかかってお金がかかるよりかははるかに小さな出費だと思います。

自分の身は自分でしっかりと守りましょう!